-イベント- -グローバル- -社員教育- -店舗紹介- -ビジョン- -採用情報- -着物とジュエリ-- -創業100周年- -遊びと文化-
グローバル 天野屋 The AMANOYA celebrates a foundation centennial.


“遊びと文化”がテーマなら、“日本の文化を世界へ・・・・・”は、 天野屋のメッセージなのだといえるだろう。天野屋では“文化交流事業”にも積極的に取り組み、日本の伝統染織文化振興のため力を注いでいる。「ボストン美術館所蔵のキモノコレクション」中国の西安市長より招待を受け、日中友好民間文化使節団として100名のお客様と訪れた「シルクロードツアー」・・・・・etc.

『他の追従を許さない独創的なデザインと、最高級の新しい織物』と絶賛したのは、イタリアの著名なモード誌「コモ・モード」。こうした数々の報道に、一斉に世界のモード界が注目したのである。
コモ市と京都市の全面協力によって実現した「佐波里展」。絹の道シルクロードの起点イタリアと、終点に位置する日本を結んで絹織物展が開かれたことの意義は大きい。長い年月を経て、二つの国と人々が、絹に出会う。いや、絹で出会う。会場には、連日1000人以上もの人々が詰めかけた。“日本の文化を世界へ”・・・・・。天野屋の熱いメッセージに対する最高の反響である。









AMANOYA  
   
 
 
 
WE TURNS EYES TO THE WORLD.



 



Copyright (C) 2002 AMANOYA Corporation. All Rights Reserved.